営養失調?わかめを大量に食べると痩せすぎる理由

わたしは昔からアトピーがあり、アトピーは治らないものだと完全に諦めて大人になったのですが、やっぱり遺伝なのですかね、子供がアトピーになってしまい、わたしと同じアトピー人生では可哀相だ!と、どうしても治してあげたい!病院のアトピー外来に通い、食事療法でアトピーを治そうと決めたのです。

 

何を食べたのか毎日記録して、いも類、白い野菜類、みどりの野菜類、穀物類(米、あわ、ひえ、きび等)、お魚の日、お肉の日等、とにかくいろいろな食べ方をしました。

 

玉子、小麦粉、乳製品は食べないようにしました。

 

海藻類は、アトピーにも良いということで、今日はわかめの日!明日はもずくの日!など、決めて海藻類も毎日食べていました。

海藻類が切れて、わかめしかない日が続いた時、もともと、自分がわかめ好きっていうのもあって、毎日の摂取量は、味噌汁にふんわり浮いている程度で良いというわかめを、味噌汁が隠れるくら入れ、どんぶり一杯たべていました。

もちろん!ごはんのおかずなので、ご飯もお肉もお芋も沢山食べていたんですよ。

アトピー外来に一ヶ月おきに行っていたのですが、わかめを、沢山食べていた数週間は、そんな事記録するとお医者さんに怒られるかなと、記録しないでいたのです。

でも何故か病院に行くまでのその数週間で、すごく痩せてしまって、心配になったので、怒られるのを覚悟で病院に。

『先生、わたし何故か沢山食べているのに痩せてしまって、すごく体重が減るんですけど』と相談。

心当たりあるとしたら、わかめの食べ過ぎくらいだったのでそれを告げると『わかめを食べ過ぎると痩せてしまう』との返事。

なぜなら、タンパク質やビタミンを沢山たべていても、わかめの食物繊維が、全て体から出してしまうとの話でした。

わかめは小鉢にすこし、酢の物で出す程度、お味噌汁に浮いてる程度で良いのだと、しっかり教えられて帰り、わかめをしばらく食べないでいたら、体重は元に戻りました。

別に元々痩せてるから!痩せたくない!わけじゃなく、万年ダイエッターのわたしでも、突然理由なく(理由あったけど)痩せたら、病気かなって思うじゃないですか。

食事療法でアトピーを治そうとしていたのに、痩せちゃったら怖いじゃないですか(笑)

でも、これで分かったことは、営養はとれないけれど(っていうことは、お肌にも悪いけれど)

食べた営養を全部外に出してもらおうと、わかめを大量に食べるということは、体重減らすには有効ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です